高速インターフェースソリューション
受託開発

既存製品のカスタマイズ

新規にボード開発を行うほどではない小規模な仕様変更であれば、開発期間と開発費用の短縮が可能です。

新規ボード開発

次世代、次々世代の研究開発などで、まだ世の中にないような高速大容量入出力ボードを開発いたします。

システム構築

既存製品や新規開発ボードとアプリケーションを開発してパソコンや装置に組込みシステムを完成させます。

このページのトップへ